We'll change education.

独自の直井メソッドで、
「勉強ができない子」をゼロにする
教育イノベーションを目指します。

これからの未来を担う子供たちへ、専門の国語教育を

お問い合わせ

03-5726-8584

国語教育事業
「直井メソッド国語専門塾」

私たちは、成績を伸ばすのが難しいといわれる「国語」という教科で、成績アップを請け負って来ました。
毎年、国語力アップによって、逆転合格する生徒さんの合格実績が多数出ています。

詳しく見る

直井メソッドとは

この「直井メソッド」は、単なる個人的な国語の教育法ではありません。言語学習の発達段階や視覚認知、文章構造理論とその入試問題への応用などを体系だてたものです。その各々の理論は、代表の直井が、教育の現場で教材・メソッド化を通じてソリューションとして開発し、その効果を実証し続けたものです。

ところで、皆さんは、勉強ができる子、できない子の差がつく原因をご存知ですか?特に、国語は母国語による言語能力がベースになっているので、生まれつきの能力に大差ないはずです。不思議ですよね。直井代表が発見したのは、勉強が「できない」子は、生まれつきの能力に問題があるのでは決してなく、一般的に行われている学習方法に問題があるということでした。だから、勉強がわからなくなっているのです。

赤ちゃんは天才だとグレン・ドーマンが提唱してから、幼児英才教育が盛んに行なわれました。それは、右脳認知(視覚認知)優位の発達段階に応じた学習方法です。この認知方法に沿った学習方法を行うので、どの子も天才といえる非常識な学習成果が出せるのです。右脳認知の優位性は、小学生の高学年まで続きます。例として、中学受験ではX(エックス)を使った方程式を、視覚認知による特殊算のパターンとして教えますが、これは成績優秀な子でも方程式として解くことはできません。でも、だれでも中学生になって左脳優位になったとたん、方程式で当たり前に解けるようになるのです。

でも、幼児教育で行われている右脳認知は、学校教育で習う学習内容に適用されていません。幼児教育の次には、文字と数字が並んだプリント教育が待っています。折角開発された知能は、活かされることなく、「わからない」を量で補完する学習方法が始まるのです。この謂わばミッシングリングとも言える、右脳認知により、発達段階に応じて、学校教育の履修内容を教える教育方法が、直井メソッドです。

現在、スクール事業としては国語専門塾だけですが、実は算数についても、ガリレオ算数という教育メソッドが完成しています。幼児から小学生にかけての国語と算数を直井メソッドの教材で教えることで、勉強ができる子ばかりになる世の中に変わります。もともと勉強ができる子にとっても、直井メソッドで勉強することは、勉強がはかどって益々楽しくなっていきます。

この教材群は、特許出願中です。特許取得できたものから、ライセンスや教材を提供していきます。先日、漢字キューブが特許登録査定され、念願であるメソッドの普及にようやく着手できるようになりました。この教材を使ってみたい、一緒に広げてみたいというパートナーをお待ちしております。

株式会社エデュケーションラボ 
代表取締役社長 直井 明子

当社のサービス内容です

詳しく見る

新着情報

お問い合わせはこちら

まずはお気軽にご相談・お問い合わせ下さい。

Page Top